2017年02月18日

吉高由里子 主演ドラマより気になる「タラレバ」恋愛事情

吉高由里子 主演ドラマより気になる「タラレバ」恋愛事情

蛇にピアス
ヌードでも有名になった蛇にピアス

NHK朝ドラ「花子とアン」以来、約2年半ぶりにドラマ復帰した吉高由里子(28)。私生活ではドラマさながら、「タラレバ」の恋心が目まぐるしく変化し、酒杯を傾けてつぶやく「君の名」はあの男だった‥‥。
 冬ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で主演を務める吉高。8日に放送された第4話では、平均視聴率11.4%と伸び悩みを見せた。東村アキコ氏の人気漫画(同タイトル)を実写化した作品は、吉高が演じる30歳独身の脚本家・鎌田倫子が独身アラサー仲間と一緒に、“タラレバ話”をしながら恋愛や仕事に奔走するストーリー。

ドラマ関係者はこう話す。
「撮影の合間には、共演の大島優子さん(28)が吉高さんを写真に撮ったり、和やかな雰囲気です」
 吉高といえば、昨年7月に「FRIDAY」で、「関ジャニ∞」の大倉忠義(31)との自宅デートが報じられた。同誌11月11日号では、大倉とバリ島への親密旅行も撮られている。
「吉高のほうがデレデレで、飲みの席で酔っ払うと、『結婚したい!』と漏らしていました」(スポーツ紙記者)
 だが、このバリ旅行が2人の恋路に暗雲をもたらすことになった。

芸能ジャーナリストの松本佳子氏はこう語る。
「2人は破局したと思います。
報道後、大倉は事務所に呼び出されて厳しく叱責されました。もう会っていないようです」
 親密旅行を撮られなけ“レバ”と、後悔しても遅かったようだ。それでも吉高に落ち込む様子は見られないという。
「いつもだったら彼氏と別れると、仕事に影響が出るくらい暗いのですが、収録現場ではご機嫌なんです。若い男性との目撃談もあり、次の恋に向かった可能性はあります」(前出・松本氏)
 
前出・スポーツ紙記者もこう明かす。
「昨年秋頃、ドラマのクランクイン前に渋谷の居酒屋に事務所関係者らしき男性と来ていました。吉高の口から『野田洋次郎‥‥』という名前が聞こえたのですが、すぐにヒソヒソ話になったそうです」
 吉高がコボした野田とはロックバンド「RADWIMPS」のボーカルで、昨年大ヒットした映画「君の名は。」で楽曲を提供して知名度を上げた。
「吉高とは一昨年、破局しています。今も名前を出すほど気になる存在なんですかね」(前出・スポーツ紙記者)
 もしや復縁して気分上々なのか。吉高を知るドラマスタッフはこう話す。
「恋多き女ですからね。スタッフや共演者の耳元にフッと息を吹きかけたり、突然、『私のこと好き?』ってジッと見つめてくるんです。小悪魔の魅力に男性はすぐ好きになってしまう」
 
やっぱりドラマより私生活のほうがおもしろそうだ。

アサ芸プラス
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0218/asg_170218_9710823365.html


icon157 「吉高由里子、恋多き女優って感じだよね」

icon188 「魔性の女って感じだけどねw」

icon157 「つきあってるとドキドキが止まらないだろうね」

icon188 「違う意味でもドキドキだろうけどね」






  


Posted by たかしとあつこ at 14:28Comments(0)芸能

2017年01月29日

長友 独身最後の夜にフル出場で快勝貢献「今日は入籍日なので嬉しい」

サッカー日本代表でインテル・ミラノDFの長友佑都、独身最後の夜にフル出場で快勝貢献「今日は入籍日なので嬉しい」

長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング
長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング


29日に女優の平愛梨(32)と結婚するサッカー日本代表でインテル・ミラノDFの長友佑都(30)が現地時間28日(日本時間29日)、セリエA第22節のペスカーラ戦に左サイドバックでフル出場。3—0の勝利に貢献し、試合後はツイッターで「今日は入籍日なので、勝利を飾れて嬉しいです!」と喜びのメッセージを伝えた。

 長友は昨年12月21日のラツィオ戦以来、リーグ戦4試合ぶりの出場。独身最後の夜に約1カ月ぶりの出場を果たすと攻守に奮闘し、チームはリーグ戦7連勝を飾った。

 試合後は自身のツイッターにチームメートのFWエデルとガブリエウ・バルボサとの3ショット写真を掲載し、勝利を報告。「勝利飾りました!得点したエデルとリオ五輪でブラジル代表として優勝したガビゴル。今日は入籍日なので、勝利を飾れて嬉しいです!」とつづっている。

スポーツニッポン
https://news.biglobe.ne.jp/sports/0129/spn_170129_6213193025.html


icon157 「長友と平愛梨がついに入籍だってね」

icon188 「まーおめでたいよね」

icon157 「ん?なにかその言い方・・・バカにしてる?」

icon188 「平愛梨ってかなり天然だけど・・・」

icon157 「そうだね~愛されるキャラだね」

icon188 「愛すべきおバカキャラだねw」





  


Posted by たかしとあつこ at 16:19Comments(0)サッカー

2017年01月10日

NHK大河「おんな城主 直虎」は16・9%!前作「真田丸」下回る!

NHK大河「おんな城主 直虎」は16・9%!前作「真田丸」下回る!!

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


女優柴咲コウ(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(日曜午後8時)の初回が8日に放送され、関東地区の平均視聴率が16・9%(関西地区17・3%)だったことが10日、ビデオリサーチの調べで分かった

近年では13年「八重の桜」が初回21・4%の好発進。前作の16年「真田丸」の19・9%、14年「軍師官兵衛」の18・9%には届かず、15年「花燃ゆ」の16・7%を上回るスタートとなった。

 同作は朝ドラ「ごちそうさん」や「天皇の料理番」など数々のヒット作で知られる森下佳子氏の脚本。男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。直虎の幼年時代を子役の新井美羽が演じ、柴咲は第5話から本格的に登場する。

日刊スポーツ
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0110/nsp_170110_7701769981.html

icon157 「子役時代で5話も引っ張るって?」

icon188 「ま、柴咲コウが登場してからが本番だね」

icon157 「直虎ってでも史実じゃ男なんでしょう?」

icon188 「歴史フィクションになったんだね・・・大河って」

icon157 「どうかと思うけどね」

icon188 「柴咲コウも出てた信長のタイムスリップのようなのも今後はありなんじゃない?ww」






  


Posted by たかしとあつこ at 12:51Comments(0)エンタメ